• ホーム
  • 性病のstd検査と薬の服用について

性病のstd検査と薬の服用について

心配する男性

「性感染症」とは、セックスなど性的な行為によって感染する病気のことです。
別名STDとも呼ばれています。
又、性感染症は、セックスだけではなく、精液やおりもの、唾液などの粘膜が触れ合うようなオーラルセックスやアナルセックスによっても感染することが確認されています。

性病には、様々な種類があり、実に10種類以上の感染症が存在します。
クラミジアやカンジダ、ヘルペスやコンジローマ、淋病や梅毒などです。

性病の症状は、感染症の種類によって異なります。
種類によって治療や薬の服用、処置なども異なります。
又、最初のうちは自覚症状がないものもあるので、発見が遅れる場合もあります。
パートナーが変わる方、お仕事上の方は、気になる症状があっても、どの病気か特定することが難しいです。
その際は、std検査と呼ばれる様々な病気の性感染症の検査を行うと、診断が確定されます。
結婚を控えている方も、自覚症状がない場合でも、妊娠に向けてstd検査を受けることが好ましいです。

性病の疑いがある場合は、男性は泌尿器科、女性は産婦人科、男女ともに性病科で診察が可能です。

性感染症は、診断された種類に適した薬を服用することで、症状が軽減されて治癒します。
しかし、医師の指示通りに薬を服用しなければ、治りきならないので、注意が必要です。

少しでも気にある症状がある場合は、医療機関に受診しましょう。
自覚症状がなくても、パートナーが症状を訴えている場合も、医療機関でstd検査の感染症検査を受けることをお勧めします。

性病は、正しい知識を持っていれば、感染を防ぐことができる病気です。
パートナーと協力して、予防ができるように日頃より、気をつけるようにしましょう。

特にヘルペスなどは再発も非常に多い病気であり非常に厄介な病気です。
再発することが多いという方は治療薬であるバルトレックスを通販で購入しておくとすぐに治療が出来て便利でしょう。

こういったように、現在は医薬品の通販も可能となっていますので、感染することが多い病気に対する治療薬は事前に準備しておくのも悪くありません。

関連記事